シータヒーリングとは

誰だって、子どもの頃には童話を読んだことがあると思います。

例えば、シンデレラ姫。

苦労していた美しい娘が、素晴らしい王子様と出会って結婚するお話。

女の子の憧れの物語です。

14218531_1249056448467646_1797718294_n

でも、そもそもなぜシンデレラは最初にシンデレラ(灰かぶりという意味)と

呼ばれて、いじめられて、苦労しなくちゃいけなかったのでしょうか?

シンデレラが子ども時代からずっと幸せなまま、王子様と出会ってはいけなかったでしょうか? 

…あなたはどう思いますか?

「幸せな人生ばかりじゃ、つまらない。山あり谷ありが面白い」?

もし、そんな答えが浮かんだら、あなた自身も激動の人生を歩んでるはずです。

「一度、大変な思いをしたからこそ、幸せになれる」?

もし、そんな答えが浮かんだとしたら、あなたの人生も、
幸せになる前には必ず大変な思いをしているはずです。

そう。

実は、私たちの人生は、もともと持っている思考によって作られています。

私たちは、誕生してから、両親、学校、社会から様々な思考を受け取ってきましたし、
遺伝的にも受け継ぎ、過去生からも持ち越してきました。

それらは、まるでコンピューターにあらかじめセットアップしてあるプログラムのようなもので、
私たちの人生を様々に制限してきたのです

だから、あなたが今まで選んできたと思っている人生は、あなたではなくて、
その思考の制限が選んできたのです。

じゃあ、今度は男の子の憧れ。ヒーローの物語。

男の子たちは、小さい頃から戦闘ものが大好きです。

いつか自分が勇者となることを夢見ています。

14269657_1249058701800754_1858848597_n

でも、実際に社会に出てみたとたん、会社に行きたくなって、適応障害と言われたり、過敏性腸症候群と診断されたり。

もちろん、これは女性でもありうることですが、
男性の場合は特に、自分が弱者となることが耐えられずに、
ポキッと折れてしまうような状態になることが多いのです。

これは、どうしてなのでしょうか?

例えば、この男性が小さい頃、初めてお母さんと離れたすきに、小さな路地で
子犬がじゃれてきて、強くなって転んでしまったことがありました。

その時に「お母さんと離れたら危険」「路地に入ったら危険」という思考が、
この男性の無意識の中に組み込まれました。

この思考は、この時のこの子を守るために組み込まれたのです。

でも、25歳になってまだ同じ思考を持っていたら、どうなるでしょうか? 

ヒーローになりたかったのにもともと自分を守っていた思考によって、つまづくという結果になってしまいます。

では、どうするか。

それを知るには、思考が組み込まれた時の、
意識や脳のレベルでは何が起きているかを知る必要があります

意識には、表層意識と潜在意識があると言われています。

私たちが物を考えたり、周囲の状況の中で注意を向けたところのみ把握している部分が表層意識。

一方で、私たちが誕生してから見たもの聞いたもののすべて、さらにいうと、
過去生や集合意識、先祖の記憶がすべてが入っているのが潜在意識と言われています。

表層意識が全体意識の3%~5%くらいだとすると、潜在意識は95%以上を占めていて、
表層意識の8万倍ちかくのパワーを持ちます。

つまり、一度潜在意識に入った情報は、そのくらいパワフルなのです。

意識

たとえば、あなたの知らないうちに、潜在意識の中に
「貧しいほうが安全だ」
という思考があったら、あなたはお金持ちになれるでしょうか?

「大好きな人と結婚したい」と表層意識では思っていても、
「他人に、自分の心の内側を見せるのは危険だ」
という思いこみが潜在意識にあったら、どうなるでしょうか。

「健康でいたい」はずなのに、
「自分が病気のほうが、大好きな人が優しくしてくれる」
という思いこみが潜在意識にあったら、健康でいられるでしょうか。

ですから、私たちはいくら「自分のここが嫌。変えたい」と思っていても、
原因が潜在意識の中にある場合は変えることがなかなかできないのです。

パソコンにあらかじめ入っているプログラムみたいなもので、
それにしたがって人生が決まってしまうのです。

潜在意識は、そのくらい強力だからです。

それでは、どうにもできないのでしょうか?

そこで登場するのが、シータヒーリングの「シータ」、つまりシータ脳波です。

これは、私たちの脳の中で絶えず流れている脳波のひとつで、
周波数は4~7Hzというゆるやかな波形です。

私たちが眠っている時や、自然の素晴らしさに打たれてボーッとしている時、
深い瞑想の時、または熱狂的に踊ったりして周囲のことをすべて忘れるような
トランス状態になる時にこの脳波が出ると言われています。

14218352_1249059625133995_723984095_n

実は、このシータ脳波を使うことによって潜在意識にアクセスできることは、
長年たくさんの人が気づいていました。発明家のトーマス・エジソンも、
シータ脳波を利用して受け取ったアイディアを使ってたくさんの発明をしたのです。

この脳波の持つ大きな可能性については、
古来から現代科学にいたるまで様々に証明されていましたが、
どうやったらこの脳波を保つことができるのかが不明なままでした。

だから、私たちの先祖は断食をしたり、洞窟にこもったり、一生を通してヨガや武道をするなどして、
このシータ波の状態(つまり精神集中し、意識を統一することで、
すべてが可能になる状態)を保てる道を模索してきたのです。

そのような中、シータヒーリングは誕生しました。1995年。

アメリカで自然療法士かつサイキック(霊能者)として活躍していたヴァイアナ・スタイバルさんが、
この脳波をつかって自分の末期ガンを癒しました。

2010夏 (3)

その経緯は『新版シータヒーリング』(ナチュラルスピリット社刊)に詳しく記述されています。

ヴァイアナさんは、催眠療法士のパートナーを持った体験などから、
誰でもが簡単にシータ波になる方法を編み出し、それ以降、世界中で教えています。

彼女のリーディング件数は、すでに5万件を超えています。

潜在意識に働きかけることにより、身体的な症状のみでなく、
感情面や霊的(スピリチュアル)な面など、あらゆる面における解放・浄化が起き、
大きな変容がうながされることがわかっています。

ですので、シータヒーリングの基礎DNAセミナーでは、
最初に脳波をシータ波に保つ方法を学びます。

それは、30秒でできる方法です。慣れてくると、
頭の中のスイッチをONするみたいにシータ波になれます。

それがまさに、ハッピースイッチ!なのです。

14269871_1249057858467505_1027099730_n

シータヒーリングのセッションでは、脳波をシータ波に変えたプラクティショナーが、
クライアントさんの潜在意識の整理をします。不要なものは、
もう消去してしまって、願いを叶えるためのお手伝いをします。

現在、西洋医学は素晴らしく進化しましたが、
それでも原因不明の病気や障害はなくなりません。

それは、目に観えるものだけを頼りにしているせいなのかもしれません。

なぜか人生に問題ばかり起こる人、人混みの中に行くと疲れてしまう人、
通常では心療内科や精神科の領域を勧められるような症状や慢性病で苦しんでる人も、
そこには必ずエネルギーのブロックが原因としてあります。

また、最良のパートナーと出会いたい、ビジネスで成功したいという願望の実現も、
潜在意識に働きかけrことで最大の可能性を手に入れることができるのです。

私は2007年秋にシータヒーリングを学び始めました。

当時は、甲状腺機能亢進症(バセドウ眼症)を患っていましたが、

西洋医学では治療法がないと言われ、途方に暮れていたときにシータヒーリングと出会い、奇跡の癒し体験をしました。

その後、2010年にアイダホでシータヒーリングの世界的な最高資格である
「マスター」および「サイエンス」を取得しました。

シータヒーリングの素晴らしさと可能性を、たくさんの人に知ってもらいたいと思っています。