プロフィール

ごあいさつ

こんにちは。

ハッピースイッチをONにするサロン「あたねいあ」主宰の関口カオリ(ドルコ)です。

 

「ドルコ」は、私のニックネームです。20年前のある日、導かれるようにして旅した小笠原で野生イルカの大群に出会いました。イルカは、私の目を見て、心の中で呼びかけてきました。「魂としてのお前は、誰だ?」と。

 

あのときから、私の人生は大きく変わり始めました。あの時のワクワク、ドキドキ。
魂としての自分を生きることを決めてから、「ドルフィンの子ども=ドルコ」と呼ばれるようになりました。

 

今の私は、皆さんに同じ質問を投げかける役割をしているような気がします。

 

「あなたは誰ですか?」「魂としての本当のあなたに出会いたいですか?」と。

 

これを読んでいるあなたは、今、どんな状況にいるでしょうか?

 

ずっと以前、イルカの大群に出会った頃の私は、「苦しみ」の中を生きていました。

 

そもそも、お釈迦様は、「生きることの本質は苦しみだ」と言ったといいます。
でも、なぜ苦しむために生まれてくるのか、と私は思っていました。
世の中にある貧困、戦争、格差や虐待などを見るたび、絶望的な思いが消えませんでした。

 

また、同じように生まれてきたのに、貧富の差や、病気などを他の人よりもたくさん経験しなければならない人がいるのは、どうしてなんだろう。神様がいるなら、この状況を変えてほしい!とずっと思っていました。

 

こんな世界を変えたい!と思って、アジアの国の貧しいスラムでボランティアをしたり、記者/編集者として記事をつくったり、福祉を学んだりしてきましたが、どうしても納得できる答えは見つかりませんでした。

 

そんなとき、イルカの大群に出会ったのです。その後、いくつか不思議な病気をしたことをきっかけに、エネルギー、量子物理学、宇宙、覚醒…の世界に足を踏み入れました。

 

小さな頃から、敏感すぎたゆえのしんどさを感じていたため、最初はただ癒される側にいました。

 

そのプロセスの中で、自分が内側に平和を持つことこそが、周囲に平和をもたらすということに気づきました。

 

もちろん、自分の外側の世界をよくするという努力はとても大切。

 

ただ、内側に平和を持たなかった時代の私は、たとえば「戦争のない世の中」を求めながら、自分の心の中には絶え間ない争いがある…という矛盾を生きていたのです。

 

それならば、私自身がどう変わればいいのか。一体どうしたらいいのか。そんな疑問を持って探求を始め、自分の本来の姿と出会いました。

自分のネガティブな思考パターンが、簡単に変えられることも知りました。幸せを選ぶことができることも知りました。「困難の連続」と思っていた自分の人生が、違った意味を持って自分に語りかけてきました。

 

今を生きるのは素晴らしい奇跡。

 

それに気づくことができた今、すべてのものに深く感謝しています。

 

 

【略歴】

早稲田大学第一文学部卒、大阪市立大学生活科学部社会福祉学博士課程前期課程修了。

在米1年、在タイ3年。出版社勤務、フリーランスでのライター/編集者を経て、魂の解放への探求を始める。

シータヒーリング米国本部認定サイエンス

ワンネスユニバーシティ認定上級トレイナー/コース通訳

西洋レイキ・ティーチャーなどをはじめ、「叡智」をキーワードに古今東西のスピリチュアル様式を学んでいる。

タイ古式マッサージトレーニング120時間修了(2005年タイ・バンコクにて)

大阪・正食協会にてマクロビオティックの上級コース修了(2007年)

風丹谷香里(ふうにゃ かおり)名義で アクセスコンシャスネス(R)の翻訳なども。『完全無欠のコミュニケーションのための7つのステップ』(キャス・トーマス著)、『Having your cake and eating it too(快楽主義者のための富裕でデカダントでオーガズミックな生き方ガイド) 』 (マーガレット・ブローナック著)

趣味は、ヨガ、瞑想、野口整体、チベット体操。天然酵母をおこしたパン作りや春と秋の酵素づくりなどの発酵食づくり。乗馬、ダイビング、旅、愛猫2匹とのんびりすること、そして、ソウルファミリー達と時代を超えて巡り合うこと。

大好きな聖者はラマナ・マハリシ。OSHO。

テキパキしてスマートな人、エネルギッシュな人…と言われることが多いけれど、一番好きなのは自然の中でボーッとすること。北欧の山と湖が好き。