レインボーチルドレン

θ超感覚を開花させ、インナーチャイルドが踊りだすθ

 

コース内容

レインボーチルドレン(虹の子ども達)とは、世界を変える能力を備えている子どもたちのことです。

周りのエネルギーを読み取ることができるだけでなく、
その場のエネルギーを変換できる能力を持っています。

 

ただ、せっかく生まれてきたレインボーチルドレンたちも、

現代の学校教育の中でその能力をきちんと認めてもらうことが難しい場合が多いのです。

 

このセミナーは、幼児とその親のペア、または小学生から中学生くらいの子とその親のペア、

さらにティーンエイジャーを対象として開かれ、子ども達に本来の自分たちに気づいてもらうことを目的としています。

 

また、すでに大人になってしまったレインボーチルドレン(またはこれからそうなる

インディゴチルドレン)を対象にした大人向けセミナーも開かれています。

 

現在の大人たちは、主にレインボーチルドレンの前段階である

「インディゴチルドレン(藍色のオーラを持つ子どもたち)」や「クリスタルチルドレン」

として生まれてきた人が多いと言われています。

 

インディゴチルドレンも直感的な子ども達ですが、

敏感すぎるゆえに周囲のネガティブなエネルギーに影響を受けやすいのです

 

そのため、いじめられたり、集団の中で疎外感を感じたり、アトピー等の病気になってしまったり、

様々な誤解を受けたりと、苦しむことも多かったのです。

 

このクラスではあらゆる波動のエネルギーと遊ぶことによって、

大人になったインディゴ、クリスタルチルドレンたちも、

今の世代に生まれてきたレインボーチルドレンたちも、本来の自分に目覚め、

喜びの今を生きられるようにします。

カリキュラム

レインボーチルドレン

栃木県でのレインボーチルドレン


・守護天使と話す
・オーラの色を観る
・水晶の中の妖精と遊ぶ(宇宙人もみえるかも)
・植物と話す
・動物と話す
・火と遊ぶ

 

あたねいあのレインボーチルドレンの特徴

あなたの中で眠っていた本来のレインボーチルドレンが、喜びの中で踊り始めるでしょう。

それによって、傷ついたインナーチャイルドも、癒しの時を迎えるでしょう。

自由と解放を体験してください。

 

レインボーチルドレン(虹の子ども達)とは、世界を変える能力を備えている子どもたちのことです。

周りのエネルギーを読み取ることができるだけでなく、その場のエネルギーを変換できる能力を持っています。

 

レインボーチルドレン

水晶の中の妖精と遊ぶ

このセミナーは、シータヒーリングの創始者のヴァイアナさんが、幼児とその親のペアを対象としたバージョン、小学生から中学生くらいの子とその親のペアのバージョン、さらにティーンエイジャーを対象として開いていたもので、アメリカでは週末のお稽古事のように参加できる形式でした。学校の中にいて、本来の自分を見失いかけている子ども達が本来の姿に気づけるよう、それでいてたくさんの楽しいワークを通して、幽霊を見ても命令すればいいんだよ、とか、妖精が現れたらこんな風にすればいいんだよ、と、目に見えない世界との繋がりを楽に安全に持てるように導いていきます。

 

敏感な子どもたちは、幽霊や妖精を見て、それを言葉にして大人に怒られたりすると、自分の超感覚を閉じてしまいます。それは結局は、自己否定の道に繋がります。

私たち大人も、実はそんな過去があるかもしれません。その部分にもアクセスし、閉じてしまった超感覚の扉を優しく開いていきます。だから、リーディングが上手になりたいなら、レインボーチルドレンのワークが最適なのです。
 

 

レインボーチルドレン

富士山でのレインボーチルドレン

 

 

レインボーチルドレン

トーキングスティック作り


レインボーチルドレン

親子で参加

 

あたねいあのレインボーチルドレンの特徴

・オーストラリアやアメリカでのレインボーチルドレン・セミナー参加体験をもとに、いつも自然にあふれたレインボーチルドレンを開催しています。(過去、富士山や武蔵野の森、栃木県の山の中で開催しました)

・親や子どもについての取材してきた編集者時代の経験を生かして、さまざまな状況に柔軟に対応できます。(現代社会ではADHDと診断されたり、鬱と診断された子どもたちも、このコースで受け入れることが可能です)

★受講料に含まれるもの:レインボーチルドレン日本語マニュアル

★受講資格:誰でも受講可ですが、あたねいあの大人向けレインボーチルドレンコースは、応用受講済みが必要です。

レインボーチルドレン

ドラムで誘導瞑想


 

⇒ お申し込みはこちら

初受講料 104000円(税込)
再受講 80000円(税込)

開催スケジュールはこちらです。